自然災害を警戒するために|地震予測情報サービスを取り入れよう

女性

大きな揺れに備える

大きな地震が起こる確率が予想されている地域があります。なかでも東南海地震は大きな揺れと津波が予想されています。震度をしっかり把握しておき、防災対策をしておくことです。家具を固定、防災グッズの用意、避難経路の確認は必ず必要です。

プレート

いざという時のために

地震予測サービスの選択時に重要なのは信用できる機関、研究者による情報が得られるかどうかということです。また、自分の住むエリアが対象かどうか、情報を受け取るメールの頻度はどの程度かといった点も前もって確認しておくとよいでしょう。有料サービスも多いので内容を見極めて利用するようにしましょう。

これからの自然災害

地震

南海の大規模な自然災害

今後、甚大な被害が予測されている地震について、最近話題になってきているのが、西日本の太平洋側で起きるといわれている「南海トラフ地震」というものです。「南海トラフ巨大地震」ともいわれます。現代の技術では、地震について正確な情報を得ることが難しいため、今後の地震の情報について断言はできませんが、この南海トラフ巨大地震というものは、今から30年後までに7、8割の確率で起こると予測される危険なものです。マグニチュードについては、M8からM9になると思われ、巨大規模のクラスです。フィリピン海プレートとユーラシアプレートとの境界で発生すると予測され、九州、四国、近畿南部、東海の辺りが、震源地となり得る情報のある地域で、最も危険です。直接の被害より心配されているのが、津波です。以前に起きた、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、甚大な被害の主な原因となったのが津波によるものでした。それらによって、町の情報網が絶たれ、孤立状態になり、飢える人々が現れたのも事実です。この、南海トラフ巨大地震も、海が近いところが震源地になるといわれているため、津波の被害を予測して対策を練る必要があるはずです。最悪の場合を避けるために、個人、一人一人がすべきことは、まず避難場所を確認することです。それから、危なくない家具配置も考えてみましょう。身の安全を守るために最も重要となるのが、情報です。地震が起こってから正確な情報を把握することはもちろんですが、地震が発生する前に予測アプリなどを利用して備えることが大切です。地震は恐ろしい自然災害ですが、前もって備えることができれば、家族の命を守ることは決して難しいことではありません。

災害

災害に備えた取り組み

関東地震を想定して、災害への取り組みを積極的に行う人が増えています。便利な地震予測サービスを利用したり自助や共助の必要性を学んだりすることで、万が一災害が起こった時でも迅速な対応をすることが可能です。正しく情報を得ながら自分や周囲の人々の身を守る努力を心がけましょう。